トイレの水漏れは放っておくと大変な事態につながります

イヤ~な水漏れを予防するには

トイレの水漏れはさまざまな原因が考えられます。
水漏れを起こしている箇所を特定し、適切な方法で修理をすることによって被害の拡大を予防することができます。
トイレの水漏れを予防するには、ご家庭でのメンテナンスも重要となってきます。
タンクや便器の状態をこまめにチェックし、劣化が起こっていないかシッカリと確認しましょう!

まずはトイレのどこから水漏れが起こっているのか確かめる

どこから水漏れしているのか?

ひとくちにトイレの水漏れといっても、どの箇所から水漏れが起きているのか?その箇所を特定することが大切です。
水漏れが起こりやすい箇所としては、以下のものが挙げられます。
  • トイレのタンク
  • ウォシュレット
  • 便器
  • トイレの床
  • 配水管
このように、さまざまな箇所からの水漏れを想定して、日ごろからできるトイレの水漏れの予防策をご紹介します。

トイレの水漏れは経年劣化がほとんどです

トイレの水漏れの原因で多いのはなにか?

トイレは毎日使う場所なので、傷みが出やすい場所でもあります。
長い間使っていると、部品や便器、タンクなどが古くなってきてそこから水漏れを起こしてしまうのです。
これを予防するには、新しく入れ替えるか劣化を伸ばすか、のどちらかしかありません。
劣化を伸ばす方法としては、こまめな掃除をすることです。
掃除をすることによって、劣化が起こっている箇所の発見を早めることができます。
  • トイレタンクや便器にヒビ割れはないか?
  • パイプ部分に緩みなどがないか?
  • トイレの床から水漏れが起こっていないか?
などといったことを注意して見ながら掃除をしてみましょう。

結露がトイレの水漏れを引き起こす!

トイレの換気はとても重要

冷暖房の普及によって、室外と室内の温度差が激しく結露が起こります。
この結露は、トイレの水漏れを起こす原因でもあるのです。
しっかりと換気を行い、結露を起こさない工夫をしてみましょう。
便器やタンクに水滴がついているのを発見したら要注意です。
水滴をしっかりと拭き取っておきましょう。

トイレの水漏れは放っておくと大変な被害につながることも考えられます。
ご家庭で出来る予防策をしっかりと行い、トイレの水漏れを未然に防ぎましょう。
それでも起こってしまったトイレの水漏れは、迅速な対応が必要です。
業者に依頼して、プロの目で判断してもらうことが被害の拡大を防ぐ一番の方法です。
トイレの水漏れは『水道修理 水回りPRO』にぜひお任せください。

トイレの水漏れの原因は経年劣化によるものがほとんどです。
日ごろのメンテナンスで劣化を伸ばすことはできますが、毎日使う場所ですのでそれにも限界があります。
『水道修理 水回りPRO』は、部品の交換なども行っています。
水周りのチェックだけでも大歓迎ですので、お困りの際は1度お電話ください。

  • 電話受付 13:00 ~ 20:00 メールは24時間受付中
  • 0120-055-882
  • 0120-055-882
    • 本社
    • 〒542-0081
    • 大阪市中央区南船場1丁目12-3
      • 埼玉営業所
      • さいたま市大宮区宮町2丁目147
      • 東京営業所
      • 足立区西新井本町1丁目14−11
  • customer@dothebest.club
  • VISAMASTERJCBAMEXDINERS