トイレの水漏れの原因の第一位は経年劣化

トイレの水漏れはなぜ起こる?

トイレの水漏れは、経年劣化によるものがほとんどです。
1日に何度も使用するトイレは、使われる度に部品などが劣化し、そこから水漏れを起こすケースがほとんどです。
水周りの配管は一見単純なようで複雑にできていますので、部品の交換とひとくちにいってもそうそう簡単に修理できるものでもありません。
トイレが水漏れを起こしている場合は、原因を究明してしっかりと適切に修理しなければ、水漏れが再発してしまいます。

まずはトイレの水を流してどこから水漏れをしているのか確認しましょう

トイレのどこからか水漏れがしている

トイレの水漏れで最初に疑うべき箇所は、トイレの給水管です。
トイレの給水管は、壁にある配管に止水栓が接続されており、必要に応じて分岐の金具があります。
その分岐点からタンクに接続されているパイプのことを給水管といいます
給水管の結合部の劣化で水漏れを起こしているケースは非常に多く、10年以上トイレを使っている場合は部品の劣化、それ以下ですとナットの緩みなどが起こっている可能性があります。

一目見るだけではなかなかわからないトイレの水漏れの原因

止水栓には異常がないみたいだけど…

パッと見ただけでわかるトイレの水漏れですと、原因の特定が早く行えますので修理も迅速に行うことができます。
しかし、目視だけではわからない場合や、複数の原因が同時に症状を起こしてトイレが水漏れしているケースも多々あります。
止水栓の結合部分に異常がなくても、止水栓そのものが劣化していることも考えられます。
こうした場合は、パイプをすべて交換しなければならなくなりますので、自分で修理をすることは非常に困難でしょう。

トイレのパイプ以外に考えられるトイレの水漏れの原因

気がついたら床が濡れている

トイレの床が濡れていて、止水管や排水管にも異常がない場合、トイレタンクや便器そのものが劣化している可能性があります。
タンクの手洗い部分のホースの劣化、手洗い管からホースが外れている、などのパターンです。
ホース部分はふとした拍子に外れてしまうこともあります。
外れた部分からの水漏れが、トイレの床を濡らしている、ということになります。
また、便器は陶器で作られていますので割れやヒビなどがあるとそこから水漏れを起こします。
トイレ掃除の際に、排水管や便器の周辺に異常がないかチェックしておくことが大切です。


このように、トイレの水漏れには様々な原因があり、どこから水漏れをしているのかによって修理の方法が違ってきます。
どこで水漏れしているのか?自分で直せる程度の水漏れなのか?部品の交換が必要か?・・・などなど、原因と水漏れの箇所によって適切な処置が必要です。
トイレの水漏れの原因を特定するには、プロの目で見るのが一番良い方法です。
『水道修理 水回りPRO』ではトイレの水漏れに迅速に対応致します。1度ご相談ください!

トイレが水漏れを起こした場合は、あわてずにまずは業者に連絡しましょう。
『水道修理 水回りPRO』では、24時間体制で対応致しますので、トイレの水漏れで困ったときには1度ご連絡ください。

  • 電話受付 13:00 ~ 20:00 メールは24時間受付中
  • 0120-055-882
  • 0120-055-882
    • 本社
    • 〒542-0081
    • 大阪市中央区南船場1丁目12-3
      • 埼玉営業所
      • さいたま市大宮区宮町2丁目147
      • 東京営業所
      • 足立区西新井本町1丁目14−11
  • customer@dothebest.club
  • VISAMASTERJCBAMEXDINERS