日頃から気を付けておくと良い「トイレ詰まりの予防策」

いつもと違う水の流れや異音には要注意!

日常生活の中で、1日に何度も行く場所がトイレです。
トイレは、使用するごとに様々な要因で詰まりの原因が蓄積されていきます。
これは、水周り全てに共通することで、日々の使用によって汚れやその他の要因が絡み合い、最終的に詰まりを引き起こしてしまいます。
日頃から少し気を付けておくことによって、トイレの詰まりを未然に防ぐことができます。

トイレ詰まりの予防のために、トイレットペーパーの使用を適量にする

トイレの詰まり予防のためにできること

1度に多量のトイレットペーパーを流した場合、配水管のカーブで引っかかりを起こし、トイレつまりを起こします。
多量の排泄物は1度で前部を流そうとせずに何度かに分けて流すようにしましょう。
また、多量のトイレットペーパーが原因でつまりを起こした場合は、しばらく放置しておくと排水管の中に溜まった水で溶け出し、自然と詰まりが解消する場合があります。

トイレの詰まりを予防するには、適切な水の量で流すようにする

水の量は少なくても多くてもダメ

節水を意識してタンクにペットボトルを沈めている家庭は多いのではないでしょうか?
エコや節約を意識していることは良いことなのですが、トイレの水の量は多過ぎても少なくてもトイレ詰まりの原因となります。
詰まりを起こすほどの過度な節水はおすすめできません。
トイレの水の量は適切な量にしておくようにしましょう。

こまめにトイレを掃除することによってトイレの詰まりを予防する

汚れや尿石が原因でトイレが詰まる

経年の汚れの蓄積でトイレ詰まりを起こす場合があります。
配水管内に尿石が溜まったことによって起こるトイレ詰まりは、古くなっていたり、使用人数が多い時に起こりやすい現象です。
こまめにトイレ掃除を行ったり、尿石を軽減する洗浄剤などを日頃から使うことによってトイレ詰まりを予防することができます。

トイレ詰まりは知らない間にやってくる!トイレ詰まりの前兆を知る

トイレの様子がいつもと違ったら要注意

トイレ詰まりには、前兆があることが多いものです。
ここでは、代表的なトイレ詰まりの前兆についてご紹介していきます。

いつもより便器に溜まる水が多い(または少ない)気がする・・・。
これは、便器の排水に問題がある場合が考えられます。そのまま放っておくと、便器から水が溢れ出たり、水が全く流れなくなったりします。
トイレ掃除をする際に、少し気をつけて便器に溜まっている水の量をチェックしましょう。
少しでも異変を感じた場合は、日頃トイレを使う度に確認し、水の量に変化があればトイレの詰まりが原因と考えられます。
症状が進む前に一度業者に相談してみるのも良い方法です。

水を流す時の異変や異常が起こった際は、トイレの詰まりの前兆や、すでにトイレ詰まりを起こしている可能性があります。
配水管や下水管でトラブルが起っている場合、集合住宅だと全世帯を巻き込んでしまうことも想定されますので、早めの対処が必要となります。
早めに専門業者に見てもらうことをおすすめします。
管理会社や大家に相談するのも1つの方法です。

トイレ詰まりは、少しの手間をかけることによって予防することができます。
どのようなことに気をつければトイレの詰まりを防ぐことができるのか、他のページに掲載していますのでぜひ参考にしてください。
それでも起ってしまったトイレ詰まりは『水道修理 水回りPRO』にお任せください。
急なご依頼にも迅速に対応させて頂きます。

  • 電話受付 13:00 ~ 20:00 メールは24時間受付中
  • 0120-055-882
  • 0120-055-882
    • 本社
    • 〒542-0081
    • 大阪市中央区南船場1丁目12-3
      • 埼玉営業所
      • さいたま市大宮区宮町2丁目147
      • 東京営業所
      • 足立区西新井本町1丁目14−11
  • customer@dothebest.club
  • VISAMASTERJCBAMEXDINERS