いつから?どこから?詰まりの症状をしっかりと突き止めることが大切です

トイレの詰まりの原因を究明する

トイレのトラブルには何かしらの原因があります。
いつからどのような症状が現れたのか、さかのぼって原因を究明していくことによって、適切な対処方法を取ることができます。
なんの前触れもなく急にトイレが詰まった場合は、便器の異常が考えられます。
少し前から水の流れが悪かったろ、異音がしていた場合は便器以外の箇所の異常が考えられます。
症状そのものと、症状が出た時期によって原因が異なるので、自力で直すより専門の業者に依頼をしたほうが早くて正確な修理をすることができます。

トイレ詰まりを起こした時にチェックしてほしいこと

トイレつまりの原因

トイレの詰まりは急性のものと、経年によるものの2つに分かれます。
急性のもので多い原因は、異物を流したことによる詰まりです。
トイレが詰まりを起こす前に、何を流したのか思い返してみましょう。
ご自身で何かを流した心当たりがない場合は、同居している方にも確認してみてください。
誰も心当たりがない場合は、うっかり異物を流してしまった可能性もあります。
たとえば、トイレに飾ってあった小物が何かの拍子に便器内に落ちてしまい、流れてしまった、などというケースです。

詰まりの原因が複数ある場合も!トイレの詰まりの頻度をチェックしよう

トイレ詰まりの原因は1つではないこともある

そのとき1度でトイレの詰まりが解消するのであれば問題はありません。
しかし、何度もトイレ詰まりが発生する場合は、他にも問題がある可能性が高いといえます。
1つの原因を取り除いても、またすぐにトイレ詰まりを起こし、業者に依頼して隅々までチェックしてもらったら、異物が出てきた、というケースは多々あることです。
ボールペンや割り箸など、細いものは排水口を防がず水を通しますので、トイレ詰まりの直接の起因とはならない場合が多いのです。
しかし、こういった異物にトイレットペーパーや他の異物が引っかかり、そこでトイレ詰まりを起こしているという、複数の原因の1つになり得るのです。
全ての原因を取り除かなければ、またトイレ詰まりが発生してしまいます。
専門の業者に依頼するのが良いでしょう。

トイレの便器の中には、常に水をためていています。
それは下水からの臭いや昆虫などの侵入を防ぐためです。
タンクから水を流すと、排泄物などを、せきを超えて
下水管に流し込むことになります。

水流不足や汚れの蓄積が原因でトイレが詰まることがある

異物以外のトイレ詰まりの原因とは

トイレの水を流すときに、充分な水が流れていない場合、トイレが詰まりを起こすことがあります。
水流が不足する原因は、節水のためにタンクにペットボトルを入れている場合や、水流を調整して少なくしている場合などです。
また、尿石や水垢などの汚れが原因でトイレの詰まりを引き起こすことがあります。
汚れが原因でトイレが詰まりを起こしている場合は、排水パイプを分解して汚れを取ったりパイプを交換しなければいけません。

トイレの詰まりの原因は様々なものがあります。
その原因をきっちりと解消しないことには、症状が悪化したり何度もトイレ詰まりを起こしかねません。
『水道修理 水回りPRO』では、プロの眼でその原因を究明し、迅速に対応させていただきます。

トイレの詰まりには原因があり、その原因と異常個所を突き止めることによって適切に修理を行うことができるのは、水道屋に任せるのが一番です。
症状が軽い場合は自力で修理することも可能です。
トイレ詰まりの原因や予防については他のページに掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 電話受付 13:00 ~ 20:00 メールは24時間受付中
  • 0120-055-882
  • 0120-055-882
    • 本社
    • 〒542-0081
    • 大阪市中央区南船場1丁目12-3
      • 埼玉営業所
      • さいたま市大宮区宮町2丁目147
      • 東京営業所
      • 足立区西新井本町1丁目14−11
  • customer@dothebest.club
  • VISAMASTERJCBAMEXDINERS